3大福祉士の魅力と役割

福祉の現場には、福祉のプロとして活躍する3つの福祉士「介護福祉士」「社会福祉士」「精神保健福祉士」が働いています。彼ら福祉士の魅力や役割とはどういうものなのでしょうか。
【介護福祉士】
・介護福祉士は介護現場のサポーター
介護福祉士の仕事としてよく知られているものに、利用者の自宅に出向いて訪問介護、訪問入浴等を行うヘルパー業務があります。また、デイサービスやデイケア等の施設では、利用者の身体介護、食事介助などのサポート業務を行います。また、直接的な介助をするだけでなく、家族に対して助言や指導を行う場合もあります。利用者と介護をする人たちの精神的な支えになることも介護福祉士の大切な仕事です。このほかにも、医療機関をはじめ、老人ホームやケアハウス、障害施設や福祉用具販売店などで働きます。介護福祉士は、多くの介護現場から、高齢者や障害者、その家族のサポート役として、常に必要とされている職業です。

防水シーツ 介護シーツ シングル送料無料 おねしょシーツ 介護 使い捨て防水シーツ30枚入り 布団 シーツ 介護用品 ペット おねしょ FYL-30 アイリスオーヤマ

価格:1,680円
(2017/10/9 11:52時点)
感想(50件)

水洗式トイレ 簡易トイレ ポータブルトイレ 緊急用トイレ 非常時用トイレ 防災グッズ 洋式トイレ 介護用品 介護用 防災 トイレ 携帯用トイレ 頻尿 洋式 介護用トイレレジャー キャンプ 子供用 仮設用 送料無料 おしゃれ

価格:8,980円
(2017/10/9 11:53時点)
感想(7件)


・介護福祉士の主な職場
在宅 訪問系サービス(訪問介護、訪問入浴)
通所系サービス(デイサービス、デイケア)
施設 短期滞在系サービス(ショートステイ)
入所系サービス(介護老人福祉施設、介護療養型医療施設、介護老人保健施設)
居宅系サービス(有料老人ホーム、ケアハウス、認知症高齢者グループホーム)
その他 在宅介護支援センター、福祉用具販売店
【社会福祉士】
・社会福祉士は相談援助業務のエキスパート
社会福祉士の活躍の場として、福祉事務所や高齢関係者の施設、身体障害者関係の施設、児童相談所、母子生活支援施設等の児童・母子関係の施設など、公的機関から民間施設まで幅広くあります。それぞれの職場で、主に利用者の相談に応じ問題解決に向けて支援しています。2005年の介護保険法改正によって、社会福祉士が地域包括支援センターの必置資格となったことから、相談援助業務のエキスパートとしていっそう注目されるようになりました。利用者に最適なサービスをコーディネートし、そのために必要な支援へとつなげていく社会福祉士の役割は、今後ますます職域が拡大していくと予想されます。
・社会福祉士の主な職場
社会福祉関係 福祉事務所のケースワーカー、地域包括支援センターの職員
医療・保険関係 医療ソーシャルワーカー
高齢者関係 デイサービスや老人ホームの生活相談員・介護支援相談員
障害児関係 身体障害者福祉センターの身体障害者相談員
児童・母子関係 児童相談所の児童福祉士、児童指導員
母子福祉センターの生活指導員、職業指導員
【精神保健福祉士】
・精神障害者の自立した社会復帰をバックアップする精神保健福祉士
精神保健福祉士の職場は、精神科病院等の医療機関、グループホーム、生活訓練施設、福祉工場、生活支援センター、保健所などがあります。医療機関での役割は、多岐にわたっての相談活動です。医師や看護スタッフなど現場の専門家との連携も多いため、あらゆる人とのコミュニケーション力が必要となります。精神障害者の退院に向けての相談援助を行い、自立した日常生活が送れるようにサポートする事も大切な業務です。作業所や各種施設においては、個人の主体性を尊重し、作業を通じて社会復帰がスムーズにできるように支援していきます。対応する問題は生活全般にわたっていろいろなケースがあり、プライベートな事柄にかかわることも多いので、柔軟性や高い人権意識が求められます。
・精神保健福祉士の主な職場
医療関係 精神科病院やクリニックの精神科ソーシャルワーカー
社会復帰施設 グループホーム、生活訓練施設、地域生活支援センター、作業所、福祉工場

福祉の仕事の魅力とは?と尋ねられると、やりがいや出会い、社会貢献やキャリア、安定収入や可能性といった言葉が上がってくると思いますが、一番根本的な所にあって忘れてはいけないことが利用者さんの笑顔と「ありがとう」の言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする