介護施設の理想と現実の違い

誰もが自分の家族が高齢になってきますと検討し始める介護施設の理想と現実の違いを考えてみました。

・介護施設に入る老人たちの複雑な心理と施設内の現実
身体等が不自由になってきますと、今までのように何かができなくなってしまい、それがもどかしくて段々いらだちや不安を感じながら生活をしなければいけなくなる年齢に達すると、自分で自主的に老人ホームに入居して家族に介護等で迷惑をかけたくないと入る方もいらっしゃると思いますが、たまたまでしょうが自分の周りにはそういう方は少なくて、逆に自分は慣れ親しんだ自宅で死ぬまで生活して、自分の子供たちに面倒を見てもらいながら一緒に暮らしていきたいと望まれる老人の方がほとんどのようで、介護施設に入るときに、家族の方が説得して半ばケンカしながらでも介護施設に入ってもらうという事が現実的には増えているようです。

そのことが納得できずに無理に介護施設に入ってしまうため、入居してからの老人の方々の心理は、どこに連れてこられてしまったのか?とか、何とかして元の自宅に戻りたくなって、思わず施設からの脱走を試みたり、部屋の中で大声をあげてしまったり様々に最初は施設での生活になれなくて苦労をされるようです。介護施設に入居後は、普段の生活スペースが個室の施設であっても、食事等は他の入居者の方と顔合わせしなくてはいけませんので、その人間関係もなじむまでに時間がかかるようです。一般的な社会人の人でさえ、一人暮らしを初めて経験する場合、ホームシックになる方がいるぐらいですから無理もないことです。

介護スタッフも施設によって、必ずしも常に万全の状態で入居者のケアに当たれる状況でないことも多々あり、毎日が普通では考えられないことが起こる可能性が高いので、介護のケアに入る前に、それぞれの入居者の方の現在の健康状態や注意事項の引継ぎは必須事項となりますが、中々スタッフの人員不足もあるためそれが確実に行われず、ケアに関してのミスをついついしてしまうこともあるようです。

また施設の管理者の考え方や価値観も、基本的に福祉の精神をもって管理はされているようですが、中には福祉の精神と同等もしくは、それ以上に施設のビジネス的な運営にどうしても力を入れざるを得ない考え方の管理者の方も中には居ますので、介護スタッフの価値観や介護の仕事に対しての思い入れの食い違いが生じてしまう現実があることも聴いています。

・介護施設の在り方の理想的な考えとケアとは?
介護施設へ入居されることに不安を持たれている老人の方の不安を取り除いてあげることができるのは、やはり介護スタッフの心のケアによると思います。そのために、専門的なケアに関する資格も取得し、どのように対処すればそれが可能であるかと、実際の施設内での現場を様々なケースを経験しながらスタッフ同士で一丸となってケアに関する向上とそれぞれの入居者の方にあったケアプランを考えることが大切です。特に入居者の方のご家族からの、普段の生活ぶりの詳細なヒアリング、特徴を確実に入居される前にゆっくりとお話を聴き、それをケアすることになる施設のスタッフ全員に伝達して準備にあたることが施設での生活をスムーズに行う秘訣です。

スタッフ同士のコミュニケーションもケアを少しでも良いものにしていくには必ず必要になってきます。常にケアに当たった担当者の気付いた点や注意事項を、引き継ぐためだけでなく、ケアする以外の施設内の備品等の準備を事前にするのを、声掛けをしあいながらしていかないと普段飲む投薬の準備や水分量の規制がある方も中にはいますので、それを間違えないためにも普段からの会話は大切です。

何より残る余生を施設で過ごすことになった老人の方に、少しでも楽しみや明るい笑顔でいてくれるお手伝いができることに、介護スタッフの方々がやりがいや、喜びをもって皆で手を取り合ってケアに取り組まれることが、入居者の方とケアする側の方との相互の理想ではないかと考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする